保健師の求人.jp

男性保健師の場合

男女平等の社会になりつつあるとは言え、まだまだ男性の看護師は少数派です。その中でも保健師となると特に少数となり、男性の保健師は全体の5%程度しかいません。男性保健師の歴史は非常に浅く1994年に男性の保健師がようやく誕生しました。

男性の看護師の場合、看護大学を卒業して学士号を取得するケースが多いです。特に大企業や国の保健機関で働く場合は大学に進学している方が有利だからです。また、将来的にスキルアップや看護系の教授を目指す場合にも大学を卒業していれば大学院に進学することも出来ます。男性の場合は基本的に一生働くことになるでしょうから、自分のキャリアアップを考えるのであれば大学への進学は非常に有効な方法ではないでしょうか。

また、男性保健師にとって必ずぶつかるであろう悩みが「女性の多い職場」で働くことです。男性ばかりの職場で働くのであれば問題ありませんが、女性特有の視点から見たときに男性には気付きにくい部分もあるでしょう。女性が原因でトラブルに発展することも十分に考えられることでしょう。しかし、上司など相談できる男性保健師も少なく、働く中で悩みを抱えてしまうことも多いかもしれません。

もし、今の職場で人間関係に納得できないのであれば転職を検討してみてはいかがでしょうか。高齢化社会が進んでいる昨今、保健師のニーズは年々高まっています。人間関係の良い職場で働きたいという強い希望があれば是非保健師を対象とした転職支援サービスを利用してはいかがでしょうか。

通常、転職を希望している時に求人案件から分かることは年収と基本的な福利厚生だけです。実際、職場の人間関係がどうなっているのか知ることはできません。しかし、転職支援サービスはキャリアコンサルタントが求人案件を吟味し、実際に職場に訪問したり情報を聞いたりしています。そのため、転職後に「こんなはずじゃなかった」と人間関係に悩むこともなくなるでしょう。

他にも転職する求人案件で気になる年収などの条件交渉、聞きにくい有給消化率や実際の休日、医療機関や行政機関から一般企業への転職への不安をキャリアコンサルタントに相談するなど、様々なサービスが利用できます。転職支援サービスでは求人案件の検索からキャリアコンサルタントへの転職の相談など全て無料で利用できるのが特徴です。キャリアコンサルタントは男性の保健師が働くにあたっての相談をいくつも受けているので相談してはいかがでしょう。保健師としてこれから転職を検討している方は転職支援サービスを利用してはいかがでしょうか。

保健師求人サイトランキング!人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社
マイナビ
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細

※当サイトでは上場企業運営のナース人材バンクがランキング1位を継続中です。
※全て無料のサービスです。複数サイトを利用して詳しい情報収集しましょう。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 保健師の求人.jp All Rights Reserved.