保健師の求人.jp

保健師と看護師との違い

保健師は比較的新しい資格であり医療関係者の中でも詳しく知らないという方も居ます。看護師の中でも保健師の資格を持っているという看護師も多く、一般的な認識では両者の違いがあまり分からないとさえ捉えられています。では、具体的に保健師と看護師との違いとはどのような点にあるのでしょうか。

看護師の主な仕事や役割は「病気や怪我をしている人の治療を行うこと」です。そのため、必要とされる知識やスキルは病人や怪我人に対してどのような治療や手当てを施せばよいかという点に焦点が置かれます。

これに対して、保健師に求められる仕事や役割は「病気や怪我をしないように予防や健康促進活動を行うこと」です。看護師のように怪我をした人の治療ではなく、健康な人を対象にしている点で大きな違いがあります。したがって、保健師の活躍の場は病院をはじめとした医療機関だけでなく保健所や学校、一般企業など多くの人の健康を促進させる必要のある機関があります。

そもそも、保健師と看護師との違いが分かりにくいと思われる理由は保健師の資格所得者が同時に看護師の資格を所得しているからという点にあります。その理由は保健師の資格を取得するためには看護師の資格を取得していなければならないからです。保健師の資格を取得するには、4年制の看護大学などで看護師と保健師の統合カリキュラムコースを受けるか、3年生の看護専門学校などで看護師の資格を取得・卒業してから保健師の専攻科などへと進学する必要があります。

つまり、保健師と看護師が違うというよりも、保健師は同時に看護師の資格所有者でもあるのです。病院などでは保健師の資格を持った看護師を見かける機会が多く、混同されてしまうものですが、本来的には保健師は「健康な人がどうすれば病気にならないか」というスタンスをとっているのです。

このようになかなか違いが分かりにくい保健師と看護師ですが、医療機関では高齢化社会に対応するために保健師の資格を持った看護師のニーズが高まっています。保健師の資格を持っている看護師の方が年収も高くなる可能性も高く、また、好条件で働けるチャンスが増えます。

保健師の資格を持っていない看護師との差別化をアピールするなら医療業界向けの転職支援サービスを利用することをオススメします。担当のキャリアコンサルタントが資格をどのようにアピールするように提案してくれますし、あなたの保健師資格を元に年収や条件交渉を代行してくれるのも魅力的です。全てのサービスは無料で利用できるので一度気軽に試してみてはいかがでしょうか。

保健師求人サイトランキング!人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社
マイナビ
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細

※当サイトでは上場企業運営のナース人材バンクがランキング1位を継続中です。
※全て無料のサービスです。複数サイトを利用して詳しい情報収集しましょう。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 保健師の求人.jp All Rights Reserved.