保健師の求人.jp

保健師と助産師と看護師の転職の有利さの違い

保健師、助産師、看護師といずれも国家資格であり、社会的地位の認められた職業ですので、それなりの高水準の給与と雇用先があります。求人先の多さで言うとやはり看護師求人が多い傾向にあるでしょう。看護師は不足状態にあり、医療があるところには必ず発生する雇用です。また現在では看護師の働き方もバラエティーに富んでおり、正職員だけでなく、派遣やパート、アルバイトなどの就業先もあります。

看護師は離職をしても次の就業先を比較的見つけやすいことなどから転職率の高い職業としても知られています。看護師は女性中心の職業である事も転職率を高めています。男女平等の社会になっているとはいえ、出産に関しては女性の大仕事です。出産や育児による離職機関を経て、復職する看護師さんが多いことも、雇用形態の拡大に影響を与えているといえます。

助産師に関しては、助産師になる事自体が難関であり、助産師になったとしても昼夜を問わない助産の仕事は非常に重労働ですので、覚悟を決めた方が助産師となる傾向があります。看護師と比較すると助産師事態の人数も雇用も少なくなります。転職の有利さと言う点で考えると、雇用の転職マッチングのタイミングを効率的に掴めればそれは有利でしょうし、なかなか良い求人に巡り会えなければ不利ということになります。

転職サイトを効率的に活用すると、助産師の雇用ニーズはなくならないものですから、好条件の求人をみつけることができ、有利な転職ができるでしょう。助産師さんの場合、就職して経験を積んだ後、転職ではなく助産院の開業やフリーランス助産師になる方がいますので、一概に転職云々が有利であるとか不利であるとかいったくくりにはまらないというのが別の見解です。

保健師に関してはというと、自治体勤務の方が多くを占めていることから、一度就職した職場に長年勤務する傾向が強いと言えます。転職が出来ない事はありませんが、転職をしない方が結構いらっしゃると考えて良いでしょう。地方公務員として市域の保健所や保健センターに勤務し、定年まで勤めるといったケースが考えられます。

一方で保健師資格を活かして、養護教諭や産業保健師などを目指す転職方法があります。保健師資格に新たなキャリアや資格をプラスするので付加価値が付き、見方によっては有利な転職となります。どの職種にせよ、転職マッチングが上手く行くのか否かということで、有利な転職となるのか決まって来ます。

保健師求人サイトランキング!人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社
マイナビ
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細

※当サイトでは上場企業運営のナース人材バンクがランキング1位を継続中です。
※全て無料のサービスです。複数サイトを利用して詳しい情報収集しましょう。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 保健師の求人.jp All Rights Reserved.