保健師の求人.jp

公務員の保健師求人

保健師の人数は現在およそ46,000人いるといわれています。その中で実際に保健師として働いている、就業保健師は4万人程だそうです。保健師の主な職場でダントツに一位なのは自治体勤務で、およそ3万人の方が勤務しているそうです。民間やその他の団体に勤務する方は保健師全体の4分の1に留まっています。自治体勤務の保健師は公務員としなるわけですので、別名行政保健師とも呼ばれています。採用されると公務員としての安定した待遇が約束される事から、保健師がまず目指す職場の一つとなっています。

公務員保健師となると、県庁や市役所等行政機関の保健福祉課などに勤務する場合、保健所勤務、出先機関の地域保健センター勤務などがあります。採用や配属によって、公務員保健師と言えど様々な職場があります。また自治体が臨時職員の嘱託職員として保健師を募集する場合がありますが、雇用条件は各募集要項によって異なります。行政機関の職員として新卒採用で入庁する、臨時職員として中途採用になる、地域保健センターに転職するなど様々な、入職方法があります。

公務員保健師になるには、当然公務員試験を受けて合格しなければなりません。各行政機関で募集が行われ、1次試験、2次試験と実施されるのが一般的です。1次試験では筆記試験、2次試験では面接や身体測定と行った内容が一般的なようです。試験内容や合格率等は、自治体によってことなりますので、働きたい地域の行政機関に募集要項等を問い合わせる事が必用です。公務員試験合格に向けて、事前の対策をたてることが重要になってきます。

公務員保健師の中でも、保健師資格を活かして養護教諭になる場合は、公務員採用試験の他に養護教諭の資格取得試験に合格する必用があります。目指す公務員保健師によって、必用な資格、準備がことなってきますので良く情報収集しておきましょう。保健師求人を専門に扱う転職サイトでは、公務員保健師になる為の対策や募集要項の詳細、採用傾向、競争倍率等、さまざまなサポートを無料でおこなっています。公務員保健師を目指す場合、こうした転職サイトを活用しましょう。

公務員保健師の給与規定は、公務員給与規定に則っています。公務員保健師のほとんどが地方公務員ですので、その給与規定になります。地方で安定した将来を見据えて保健師業務を行いたいという方にはおすすめの職場です。この安定性が公務員保健師の人気の大きな理由でしょう。

保健師求人サイトランキング!人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社
マイナビ
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細

※当サイトでは上場企業運営のナース人材バンクがランキング1位を継続中です。
※全て無料のサービスです。複数サイトを利用して詳しい情報収集しましょう。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 保健師の求人.jp All Rights Reserved.