保健師の求人.jp

保健師が出来る医療行為

保健師は医療行為をすることが出来るのでしょうか、地域の在宅ケアの推進や、病院所属して保健指導を行う、学校の保健師として児童の保健指導に当たる等、保健師と医療の距離は非常に近いものとなっていますし、保健指導や健康増進指導は医療の一部として成立している部分も多々あります。では保健師はどの程度までの医療行為が認められているのでしょうか。

保健師の医療行為に関しては、保健師助産師看護師法において定められています。法律では、保健師は、傷病者もしくはじょく婦に対する診療上の世話または診療の補助業務をおこなう事が出来ると定められています。どういうことかというと、医療の中の診療補助業務に関しては出来るということです。しかも医師の指導の下であることが前提です。しかし保健指導内や診療補助、保健ケアの範疇にあるメンタルヘルスの行為を医療行為の範疇とするならば、それは保健師でも出来ることです。

また保健師が病院に勤務する場合には、看護師として勤務し、看護業務の中に保健指導業務がある場合があります。そうなると保健師資格のある方であっても、看護師としての医療補助行為という事にもなります。看護師の医療行為に関しては、法律で医師の指導の下の医療補助行為が認められています。間接的な解釈にはなりますが、保健師資格をもつ看護師が、救急処置や医療補助行為を行うということは当然考えられます。

ここまでが医療行為、ここまでが医療補助行為と線引きする事は難しく、医療や保健福祉の体制や技術が日々進化してゆく中で対応するしかないと言うのが現状でしょう。保健師、看護師、医師そして医療と保健福祉の境が常に進化し、お互いの連携業務で新しい医療や保健福祉が見えてくる場合も多々あるからです。

一方で保健師の医療行為に関しては、医療事故等のリスクを回避し、安心して人々が健康的な暮らしをおくれるように、法律が監視しているというとらえ方も出来ます。保健師の立場から言えば、法律による規制でもって保健師の立場が保護されたものとなっているともかんがえられるでしょう。

保健師を目指すにあたり医療行為に関しては、保健師養成教育課程で学ぶことでしょうが、保健師になったのちにも、常に何処かで意識しておかなければならない事柄です。保健師と医療行為についての今後の進展についても、随時把握しておくことで、日々の保健師業務が正当にすすめられるのではないでしょうか。

保健師求人サイトランキング!人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社
マイナビ
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細

※当サイトでは上場企業運営のナース人材バンクがランキング1位を継続中です。
※全て無料のサービスです。複数サイトを利用して詳しい情報収集しましょう。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 保健師の求人.jp All Rights Reserved.