保健師の求人.jp

保健師の問題点

保健師として仕事をしてゆくうえで、キャリア、職場、業務などの取り巻く環境や状況下において様々な問題点や課題が生じています。保健師は新卒の20代前半の保健師から、数十年のキャリアを積んだベテラン保健師まで年代的にも、経験的にも非常に幅広い人材層のいる職業です。しかし実際に地域住民からすれば同じ保健師としてみられています。新人保健師は、乳幼児からお年寄りまで地域の人々に対応するために必用な知識や経験を積まなければなりません。最初の数年間は、一人前の保健師になるための勉強と実際の保健師業務の両方を頑張らなければなりません。

自治体の保健福祉課の保健師になると、福祉分野のケアマネジメントプランや窓口業務等、保健に加えて福祉業務にも携ることになります。高齢化社会への加速などもあり保健と福祉は切り離せない関係になってきました。自治体としても保健と福祉の連携を取りながら包括的に地域住民の健康的な暮らしをさせようという施策に出ているところがほとんどです。単一的な業務でなく、関連する分野、それを取り巻く人々や環境を理解し配慮しながら業務を進めなければならないので、保健師にはバランス感覚、状況把握能力が求められます。

保健福祉課などの保健師さんは、日々の山積する業務、たとえば事務処理、窓口対応、戸外訪問など多くの仕事をこなさなければなりません。行政に働く保健師なので残業も無く、仕事も無理無いのかと思いきや、時間が足りないという声が聞こえてきます。職場の実態を事前に把握しておく事が必用ですね。一人当たりの業務が山積していると言う問題は、職場の組織の問題となりますが、上司と相談して業務改善をする方法があります。しかし問題提起をしづらい職場ではそうした対応もできません。新人から経験を積む際も、研修制度や勉強会、先輩のフォローなどが制度化されている職場であれば、安心して経験を重ねる事が出来るでしょう。

極論を言うと問題の無い職場は無いと思います。問題が起こった時に、問題提起や解決に向けての対応が取れる職場であるのか、というところにポイントがあると思います。保健種求人を専門に扱う転職サイトに相談をすると、事前に職場の業務状況や人間関係、人員配置や仕事量などを把握する事が出来るでしょう。入職してからのミスマッチを防ぐ為に、前向きな課題ともいえる問題の範囲で済むような職場で働けるように、事前の準備が重要になると思います。

保健師求人サイトランキング!人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社
エス・エム・エス
詳細
ナースではたらこ 無料 全国 ディップ
株式会社
詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社
マイナビ
詳細
MCナースネット 無料 全国 株式会社
メディカル・コンシェルジュ
詳細
ベネッセMCM 無料 全国 株式会社
ベネッセMCM
詳細

※当サイトでは上場企業運営のナース人材バンクがランキング1位を継続中です。
※全て無料のサービスです。複数サイトを利用して詳しい情報収集しましょう。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 保健師の求人.jp All Rights Reserved.